人も自然も輝く未来に

中小企業の環境経営を予防法務で支援します。

ごあいさつ

 私は、小学生のころ、公害裁判で被害住民の方々が加害大企業に勝訴するのを見て、弁護士を志しました。

 弁護士登録以来、弁護士会の公害環境委員会において調査研究活動に携わりながら、永源寺第二ダム事件、阪神なんば線事件、などの公害環境裁判を担当してきました。

 また、大阪市食糧費情報公開請求事件での高裁勝訴を機に、自治体の情報公開審査会や個人情報保護審査会、コンプライアンス委員会、の審議会も経験させていただきました。

 他方、これも弁護士登録以来、中小企業家同友会の会員として、地域経済を担う中小企業の地位向上運動にも携わってきました。そうした中小企業家の方々との交流から、地域経済は中小企業が担っておられることを学び、地域の自然環境は、健全な地域経済なくして維持、保全されえないことを知りました。

 このような経験から、環境問題への取り組み、と、中小企業への予防法務支援を、法律事務所としての当事務所の使命としています。